読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タバコとチョコレート

と小説

 

なんてさっきは呟きましたが

神様のボートに引っ張られただけです。

小説読みながらタバコ吸うなんて器用な高度な技、持ち合わせてないです。

べつに葉子も小説は読んでなかったけど。

読んでたっけ?

 

 

まあ当たり前ですよね。

だってたばこなんてせいぜい一年半の癖ですよ。

小説はもう10年以上わたしの隣にいるのに、まだまだおんなじには並べられないよ。

 

なんの話やねんて。

 

 

部屋の電気を消して、机の電気、スタンド?なんていうんですかアレ、をつけて、ごろんとしながら読むのが

わたしと小説の付き合いですよ。

 

あーねむい

 

明日もバイトだ。

 

こんな日に一緒にいれないなんて

全く世の中はいやになるほどうまくできてるね〜まったく!

まったくすぎて一文の中にまったくを二回も使ってしまったよ!

 

 

彼の声が、声以外も大好きですけど、声も好きなんですよ。

で、たまーに音読、音読って言葉なんかすごいいいですよね、してもらうの。

音読しあいっこもする。

読んでる方は本を持って、聞いてる方はたばこを吸って、交代ばんこに。

あの時間、幸せ以外のなにものでもないですね。

 

 

今すごいそれを求めている!!

 

そのまま眠くなって寝てしまいたい

 

深夜なのをいいことにワガママ言いたい放題です、ふはは。

 

明日はきらきらひかりますように。

ちょっと読んだら寝るね。

おやすみなさい