読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わらうことくっつくことぎゅっとすること

妻夫木くんがでてるなんかのCMで子供は1日平均400回笑う、それが大人になると15回に減るっていうのをみて、

うわあ確かにいいいとおもった〜。

だってねだってね、高校生のわたしと大学生のわたしを比べただけでもだいぶ減ったかなあと思うもん……

あの頃はほんとに毎日げっらげら笑ってたし、なんかもう何してても笑っちゃうよね、ばかだよねえ高校生って。

サイコーだよね。

 

あ、こんな言い方をすると今笑ってないみたいな感じですがそんなことはないですよ。特にここ最近はよく笑うなあと思うけど。

もうね、とにもかくにも一緒にいるとふざけちゃう人がいますからね。

今日もめちゃくちゃ笑ったし!!

いいことだ!!!貧乳いじりは解せないけどな!!!!

 

まあでもとにかく一緒にいてたくさんニコニコできる人がみんなにいたらいいね。

あとは〜〜、人とくっつくのってすっごくエネルギーもらえたり、安心したりしませんか?

大人になればなるほど、理不尽だけど耐えなきゃいけないこととか、しんどいこととか、こう、少なからず無邪気でいられなく、のんきでいられなく、なっていくじゃないですか。

ようするに、ほんとはこどものときよりも大人になってからの方が、いっぱい笑ってくっついてってするべき、なのに回数は減っちゃうんか〜という話。。

 

こどもの時なんて、寝る前は必ずパパとママにチューしてハグしてましたよ。

妹ともママともよく手を繋いで寝てたし、そういう記憶があることって今考えるとすごく幸せなことなんじゃないかってちょっと考えちゃうね〜。

 

いや〜ハグなんてもうこんなん嬉しいときは男女関係なくバンバンすればいいよねえ!

いや、もちろん知らん人とか苦手な人としろといっているわけではなくね!

ある程度心の距離が近い人ならって意味でね!

 

だってやっぱり、気持ちを伝える上で、言葉は大事だし、言葉でしっかり伝えることは人にしかできないし、言葉がないとめちゃくちゃ困るけど、言葉が全てではないじゃないですか。

でもでも言葉じゃなくてそういうスキンシップ?で伝わるものもたくさんあるよね〜

だってにんげん、肝心なときに言葉なんて意外に出てこないものですよ!しらんけど!

だまってぎゅってしちゃうよきっと!しらんけど!

 

だからみんなのまわりにそんなひとがいるならほんとにだいじにすべき!

そしてみんなもだいじなみんなにしてあげるべき!

 

いや〜くっつくって偉大!

わたしスキンシップ全然嫌いじゃないんですよ、むしろ大好きなんですけど。

自分からするのがめちゃめちゃめちゃくちゃ苦手なんですよね〜。

だって、照れるじゃないですか!!!

キャラじゃない感じするじゃないですか!!!!!

あぁ、こういう感情の発生ですよね、大人になるってことは。いやだなぁ。

そんで、そんなわたしがくっつきたい!ぎゅってしたい!と思うときにくっつきにいける貴重な人が今の彼氏さんですよね〜。惚気になっちゃうね〜。はは。

はは。じゃないですね〜。

 

……ほんとは昨日言ってた話題についてながながだらだら書く予定だったのに違う話に熱を込めてしまった。

 

登下校のこととかそれこそどうでもいいことたくさん覚えてるなあ。

雪降って幼馴染と雪合戦しながら学校向かうんですけど、小学校の前に歩道橋があって、信号もあるんですけど信号は使っちゃだめっていう謎ルールがあって、だって小学校の歩道橋に辿り着くまでには何個か信号あるんですよ???

でもその学校の近くの信号は使っちゃだめでみんな歩道橋を渡って学校に行くんですけど。

歩道橋が雪降って凍ってめっっっちゃくちゃ滑るんですよね。

薄緑に錆び錆びの歩道橋、しかもスロープなんですよ。

おっそろしいですね〜。楽しいですね〜。

でも手すりというか塀?というかそこにけっこう幅があるから雪が取り放題なのでめちゃくちゃ争奪戦になって、はしゃぐというかもはや暴れまわって学校に向かってたのはすごい覚えてるなぁ。

突き飛ばしてこかしたりこかされたりね。笑

やんちゃっこですね。

 

あの冬の凍ったスロープ、薄く張った氷と登校したみんなが通ってついた泥と踏み固められた雪とがいっぱいついたスロープ、あれはなかなか忘れへんなあ。

毎年雪、振らなくなってくるしね。

懐かしいなってなるよね、ほら、雪やばくてゲラゲラ笑いながら転がる動画とか、ツイッターで見ちゃうと絶対思い出すよね〜。

 

は〜〜なんだかセンチメンタルになってしまった。。

なんだかんだ毎日幸せに生きて生きて今日ここまでこれてますね。

だめにんげんだけど、幸せにしてもらってますね。

なんかよくわからない内容になってきた!!!!!

今日はこの辺で!!!!!

(逃げた)